アイスホッケーの試合で1分以上激しく殴り合い、でもスポーツマンシップは忘れず

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アイスホッケー 喧嘩

アイスホッケーの喧嘩がこんなに激しいなんて知らなかった。しかもこんなに後腐れなく清々しいのは見たことがない。

LNAHと呼ばれるカナダのセミプロリーグでの試合。ゲーム中に揉め事が起き、2人の選手がスティックを投げ捨てて殴り合いを始めた。プロホッケーの試合での乱闘や喧嘩は日常茶飯事だ。ただ今回は、ファイトの終わり方が最高に素晴らしかった。

がっしりと掴み合いながら、メタル系のBGMにのせてバトルする2人。プロレスよりも本気のパンチが入っている。

1分以上に渡り激しく殴りあった末、審判がようやく止めに入ると、2人は笑顔でハイタッチとハグを交わした。その様子からは、私恨など微塵も感じられない。アツいファイトを目の当たりにした客席からは大きな歓声が沸いた。

これも一つのスポーツマンシップでは?

Video:「YouTube

Top