霧の日にマルチコプターで空撮したユトレヒト大聖堂の塔がまるで天空城のよう

ユトレヒト大聖堂の塔 空撮

「大聖堂の塔」(ドムトールン)は、オランダで最も高い教会の塔。オランダの首都アムステルダムから30キロほど離れたユトレヒトの市街地にあり、1321~1382年の間に建築されたとされている。

YouTubeチャンネル「Overview」さんが、ある霧の濃い日にマルチコプターDJI Phantom 2を使って塔を空撮したところ、なんとも幻想的で美しい映像がカメラに収められた。

まるで雲を突き抜けそびえたつ天空城のようだが、実際の塔の高さは112.5メートル。このパーフェクトな霧天候になるまで10ヵ月待ったらしい。

ただこの周辺は許可なくドローンを飛ばして空撮する行為が禁じられているそうで、撮影者には最大で8000ユーロの罰金が科される可能性があるという。

Video:「YouTube

Top