【動画】レースピットの進化:1950年と今の作業速度の違い

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ピット作業 進化

ここで紹介するのは、「1950年インディ500」と「2013年オーストラリアF1グランプリ」のピット作業を比較した動画。60年前と比べると作業のスピードが桁外れに速くなっており、技術の発展が面白いほどよくわかる。

1950年インディ500では、ピットストップが約67秒。当時は作業を行えるクルーが4人までに制限されていたらしい。

それに対して2013年オーストラリアF1グランプリは、わずか3秒のストップ。F1では2010年から給油が禁止となったため、ピット作業のさらなる時間短縮につながった。

作業自体が大きく異なるため完璧な比較とは言えないが、その進化っぷりが凄まじくて面白い。

Video:「YouTube

Top