地上でもセミ並みに生きられる魚キノボリウオ

こちらは、『キノボリウオ』という東南アジアに生息する魚。湖沼や河川にいる淡水魚だが、地上でもしばらく生きられる珍しい生物だ。

キノボリウオという名前ながら、自力で木に登ることはできないが、身体をクネクネさせて地面を這い回ることができる。

▼すごい

Wikipediaによると、エラブタの中に上鰓器官(ラビリンス器官)を持ち、これを利用して空気呼吸ができるため、地上でも6日ほど生きられるという。

キノボリウオ が地面を這い回る姿は、どこか生物の進化を感じさせる。

参考:「 Wikipedia

Top