不気味なほどリアルなブルース・ウィリスの3Dモデルが話題に

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ブルース・ウィリス 3Dモデル

こちらは、3DアニメーターのCesar Salcedoさんが昨年YouTubeに公開した「Bruce Willis timelapse」というタイトルの動画。Blender(ブレンダー)というコンピュータグラフィックスソフトウェアを使って米大物俳優ブルース・ウィリスの顔の3Dモデルを作り、その作成過程を約5分のタイムラプス映像にしたものだ。

非常にクオリティーが高く、リアルすぎてちょっと不気味だと、海外の掲示板で大きな話題となった。

▼完成品

まるで実写のようなリアルさ!Salcedoさんがウィリスの3Dモデル作成に費やした時間は約200時間だという。すごい…。

Video:「YouTube

Top