【動画】2000個のスチールボールが音を奏でる手作りの巨大オルゴール

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

巨大オルゴール 手作り

こちらは、スウェーデンのミュージシャンMartin Molinさんが手作りで開発した「Wintergatan Marble Machine」という斬新な楽器。ヴィブラフォンやベースギター、バスドラム、シンバル、スネアといったさまざまな楽器が搭載された巨大な手動オルゴールで、2000個のスチールボール(鉄球)がチューブを伝って内部を駆け巡りながら演奏する。

右のクランクをクルクル回すと歯車が回転して、オルゴールが作動。「スネア」や「キック」と書かれた手前のレバーを倒すと、スチールボールがそちらに流れるようになり、それぞれの楽器が音を奏でる。素晴らしいとしか言いようがない…。

2014年の夏にこの「Marble Machine」の製作を開始したというMolinさん。最初は2ヵ月ほどで完成させる予定だったが、約3000個にのぼる内部部品を手作りするのに膨大な時間がかかり、最終的に14ヵ月を費やすことになったそうだ。

このデモンストレーション動画は、YouTubeに公開されてからわずか数日で500万ビューを超える大ヒットとなっている。

Video:「YouTube

Top