転んだら一巻の終わり!!時速110キロメートルのロングボード・ライド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ロングボード ダウンヒル

これぞ究極のエクストリーム!!ロングボードレーサーのZak Maytumさんが、コロラド州のハイウェイで決死のダウンヒルランに挑戦した。

ライドコースは一般の道路で、普通に対向車が走ってくる。そんな状況で、トップスピードは時速約112kmに達したのだとか。しかもプロテクターはヘルメットとグローブだけで、レザージャケットやニー/エルボーパッドを着用しておらず、シャツにジーパンというカジュアルな格好だ。これはクレイジーすぎる…。

ボードをスライドさせてブレーキをかける際、Maytumさんの手が道路に触れると、手袋から激しく火花が散っている。すごくカッコいいが、素人は絶対に真似できない。もし路上に大きめの石でも転がっていようものなら、生身の体でアスファルトにお絵描きすることになる。

Video:「YouTube

Top