身長165cmバスケマンの豪快なダンクがYouTubeで話題に!デジタル世代のサクセスストーリー

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

デジタル世代のサクセスストーリー

たった一つの動画がきっかけで、男の人生が大きく変わるかもしれないというお話。

165cmという身長でアクロバティックなダンクを決めまくる、アメリカのポーター・メイベリー(22)さん。とにかくジャンプ力がすごい。空中でもう一度ジャンプしているようにみえます。

 この動画は、公開からわずか1カ月余りで再生回数160万回を超えるほどの話題となりました。このことがきっかけで、メイベリーさんの人生は大きな転機を迎えることとなります。

デジタル世代のサクセスストーリー

メイベリーさんは、アメリカのミシガン州生まれ。高校時代は、得点力のあるガードとして活躍していたそうですが、その後大学には進まず地元の倉庫に就職して、遊び程度でバスケを続けていたといいます。

そんなある日のこと、数ヵ月ぶりにバスケをプレイした彼は、なにやら奇妙なことに気が付きます。何もしていないのに、自分のジャンプ力が飛躍的に上がっているというのです。以前からダンクはできていたそうですが、その日はこれまで不可能だったいろいろな種類のダンクを、驚くほど簡単にこなせたとか。友人たちに「最近何かやってたのか?」と尋ねられたとき、メイベリーさん自身も訳がわからず、「ただ毎日働いてただけだ」としか答えられなかったそうです。

とにかくこの新しい能力を楽しもうと、地元のダンクコンテストに出場してみたところ見事に優勝。ここからメイベリーさんの生活はトントン拍子で変わっていきます。

恐らく自分よりも身長の高い人間を飛び越えながらのダンク

ダンクがYouTubeで大ヒット

まず彼は、自分で撮影したダンク映像を、スラムダンク動画専門の人気YouTubeチャンネル「チーム・フライト・ブラザーズ(Team Flight Brothers)」に送りつけました。すると、チームからさっそくコンタクトがあり、撮影セッションを設けたいという申し出が。その時に撮影されたのが、上で紹介したダンク動画です。

この動画は9月25日にYouTubeに投稿され、その日のうちに10万ビューを獲得。数週間後には再生回数100万回を超えるバイラル動画になりました。そして、本当の意味でのブレイクはここから始まります。

動画が公開されてから1カ月、なんとメイベリーさんのダンク映像が、NBAのスーパースター、レブロン・ジェームズが出演する「サムスン Galaxy Note 2」のCMで起用されたのです。このCMはNBAシーズン開幕戦の中継時に全米ネットで放送されたため、大きな注目を集めました。

※)以下の動画の0:50あたりでダンクシーンが登場

CMの中で、今や世界一のプレイヤーといわれるレブロンが、メイベリーさんのダンクを見て声を上げて驚いています。バスケットボーラーとしてこれほどうれしいことはないはず!「心臓が高鳴ったよ」と彼は語りました。

実のところメイベリーさんは、サムスンCMの件に関して何も聞かされていなかったようで、彼の従弟からの電話で初めて知らされたのだとか。著作権などの問題はすぐに解決でき、今ではCMが放送されるたびに報酬を得ているそうです。

メイベリーさんがCMから得たのは、お金だけじゃありません。一番大きいのは、なんといっても世間からの注目です。

プロダンカーとしての未来

現在彼は、プロのベテランダンカーからレッスンを受けており、さまざまなダンクシュートの技を本格的に学んでいるそうです。ロサンゼルスへの引っ越しも検討中だとか。

というのも、動画やCMの人気を受け、大学やNBA関係筋からイベント参加のオファーが殺到しているからです。今では、わずか15分程度のダンクセッションを披露するだけで、500ドル~600ドル(4万~4.8万円)を稼ぐことが可能だといいます。

さらにメイベリーさんは、ストバスチーム「And 1」とツアー参加契約を交わした他、政府主導の「いじめ撲滅キャンペーン」のスピーカーとしても活躍することが決定しました。

小さな町の倉庫でくすぶっていた才能が、口コミの力で全米に広がり、男の人生を大きく変えてしまう。インターネットが持つ可能性を象徴した、デジタル時代ならではのサクセスストーリーではないでしょうか。

参考記事:「mashable.com

Top