アメリカンアパレルがTwitterで炎上、「ハリケーンセール」の広告に非難の声が続出

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アメリカンアパレルがツイッターで炎上

アメリカ東海岸に大きな被害をもたらした巨大ハリケーン「サンディ」。ハリケーン上陸を前に住民たちが不安を抱える中、人気洋服ブランド『アメリカンアパレル』が「ハリケーン・サンディ・セール」というメール広告を配信して、多くのユーザーから反感を買ってしまった。Twitterでは軽い炎上状態になっている。

不謹慎なアメリカンアパレルの広告

▼問題の広告アメリカンアパレルの「サンディセール」広告

広告には、「台風で退屈しているあなた。これから36時間、全商品を20%オフにします」と書いてある。セールの対象となるのは、米東海岸のハリケーン被害が最も深刻だろうと思われる地域(地図で赤く記された場所)。避難のため室内から出られないオンラインショッパーをターゲットにしたマーケティングだと思われる。

Twitterで炎上

広告内の「退屈」という表現が問題なのか、それとも災害をセールスに繋げようとした商売根性がダメだったのか。とにかく、この少しばかり考慮不足の広告に対して、Twitterでは多くの非難の声が上がった。

▼人気ニュースサイト「Huffingtonpost」も、この広告にもの申している
ハリケーンはセールのタイミングじゃないって、誰かアメリカンアパレルに教えてやれアメリカンアパレルに多くの否定的意見が寄せられる

■ツイッター民の怒りの声:

  • ハリケーンセール?どの新入社員が考え付いたんだ?
  • アメリカンアパレルを永遠にボイコットするわ
  • こんな無神経な広告は見たことがない!
  • 誰かがクビになるのは確実だな
  • どうして企業は学ばないんだ
  • 人が死んで大変な時にこんなメールを…

アメリカンアパレルがツイッターで炎上

これらの批判に関して、今のところアメリカンアパレルからのコメントはない様子。さすがにハリケーンの真っただ中に「ハリケーンセール」は不味かったか?

(image by Edson Martins via Flickr)

Top