Facebookタイムラインのアイ・トラッキング分析: ユーザーの視線はどこに集まるのか?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
facebookタイムラインのアイ・トラッキング
アイ・トラッキングとヒートマップでFacebookユーザーの視線の行方を分析

「ユーザーは、タイムラインのどの部分に一番注目するのか?」、Facebookファンページの運営者にとって、非常に気になるポイントです。

EyeTrackShopが行った、「Facebookタイムラインのアイ・トラッキング/ヒートマップ分析」によると、タイムラインで最も注目される箇所は、カバー写真だそうです。さらに、旧デザイン(ウォール)と比べ、タイムラインでは、投稿や広告にユーザーの視線が集まりにくくなったというデータもでています。

以下に、Mashableの記事「Facebook Timeline Changed the Way We See Brand Pages」から、アイ・トラッキング分析の例をいくつか紹介します。


Facebookページのアイ・トラッキング: 旧デザインVSタイムライン


■Dallas Cowboysファンページ

1. ヒートマップ

左が旧デザインで、右がタイムライン。両方ともページ上部に視線が集中しているのは同じですが、旧デザインでは「ウォール投稿」に、タイムラインでは「カバー写真」に注目が集まっています。

 

2. 見られる確率

旧デザインでは、投稿の見られる確率が100%なのに対して、タイムラインでは40%以下。

 

3. 視線の順番

タイムラインでは、ユーザーの視線が投稿に行き着くのは、最後のほうです。一方で、旧デザインでは、真っ先に投稿に視線が行きます。

 

■Pepsiのファンページ

1. 見られる確率

Dallas Cowboysファンページと同様、旧デザインでは投稿に、タイムラインではカバー写真に、最も注目が集まっています。

2. 見られる長さ

各パーツの見られる長さ。「s」は「秒」を表しています。

 

■Muppetsファンページ

1. ヒートマップ

こちらも、上記2例と同じような結果です。写真の顔部分に、特に視線が集中しています。

2. 見られる長さ

どうやらユーザーは、顔付きの写真を凝視する傾向にあるようです。

 

■まとめ

今回のアイ・トラッキング分析で明らかになったポイントは:

  • タイムラインは、カバー写真が命
  • タイムラインでは、広告が見られる確立が低い。
    旧デザインでは80%の人が広告に目を通したのに対し、タイムラインではわずか40%以下。広告主にとって、あまり良いニュースではありません
  • タイムラインの投稿は最後に見られる
  • 顔付きのカバー写真が最も視線を集める

ソース:「Facebook Timeline Changed the Way We See Brand Pages
Screenshot – Mashable.com

Top