【画像】世界一巨大な航空機「An-225 ムリーヤ」が素敵

An-225 ムリーヤImage by Wee in YYC

上の画像は、1988年にソビエト時代のウクライナで開発された超大型輸送機「An-225 ムリーヤ」。世界最大の旅客機「エアバスA380」よりも全長が11m長く、世界一重くて長い航空機として知られている。

6基のジェットエンジンを搭載しており、最大離陸重量は何と600トン。ソ連の宇宙船「ブラン」を輸送する目的で1機のみ製造された。現在でも輸送機として活躍している。

An-225 ムリーヤ1Image by Ralf Manteufel

An-225 ムリーヤ2by James Willamor

スペックWipipediaより):

  • 乗員:6名
  • 全幅:88.74m
  • 全長:84.0m
  • 全高:18.1m
  • 空虚重量:175t
  • 最大離陸重量:600t
  • 最大搭載量:250t
  • エンジン:ZMKB イーフチェンコ=プロフレースD-18 ターボファン×6

性能:

  • 最高速度:850km/h
  • 巡航速度:800km/h
  • 航続距離:15,400km(貨物最大搭載時は4,000km)

An-225 ムリーヤ3by pjs2005

An-225 ムリーヤ4by AV8PIX Christopher Ebdon

An-225 ムリーヤ5by Dmitry A. Mottl

An-225 ムリーヤの豆知識:

  • エアバスA380よりもウィングスパンが9m長い
  • 各エンジンの離陸時の推力馬力は12500馬力。離陸前にエンジンを温めるのに10分かかる
  • 13個の燃料タンクが搭載されており、満タンにするのに最大で1日半かかる。貨物満載量搭載時のフライトでは、約2時間に1度給油しなければならない
  • 最大で車80台分、もしくはボーイング737の艇体2つ相当の貨物を搭載できる
  • 貨物搭載のランプを開くのに10分かかる
  • 貨物搭載時の離陸に必要な滑走路距離は3500m

参考記事:「Twistedsifter

Top