【画像】住民が一つ屋根の下で暮らす町: 米アラスカ州ウィッティア

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ウィッティア

米アラスカ州中南部のプリンス・ウィリアム湾沿いに「ウィッティア」という小さな港町がある。アンカレッジから南東約120kmに位置し、人口は220人ほど。夏場はクルーズ遊覧船やハイキングなどで多くの旅行者が訪れる観光地だが、ここは住民の大部分が1つの建物に暮らしている「Town under one roof」(一つ屋根の下の町)として有名な場所だ。

※画像ソース: Imgur

ウィッティア1

まずウィッティアに陸路でたどり着くには、全長約4kmの長いトンネルを抜けなければならない。トンネルは片道一車線で、30分ごとに進行方向がスイッチ。夜になると通行止めになる。

トンネルの入り口:

ウィッティア2

ウィッティア3

そして、こちらが住民の大部分が暮らす14階建てのビル「Begich Towers」(ベギーチ・タワー)。もともとは1950年代に米陸軍が建設した基地の一部だった。

ウィッティア4

入口:

ウィッティア5

ウィッティア6

マンションの前にはトナカイがいるらしい。

ウィッティア7

この建物には町の住人の約80%が暮らしているとのこと。中には小さなお店や旅行客用の宿泊部屋もある。

ウィッティア8

アパートの住民に与えられている倉庫エリア。

ウィッティア9

部屋からの景色。

ウィッティア10

最上階の部屋からだと、町のすべてが見渡せるらしい。

ウィッティア11
他のアパートに暮らす人もいる。

ウィッティア12

遠くに見える大きな建物は廃墟。

ウィッティア13

ウィッティア14

アップ。

ウィッティア15

太陽が沈んで暗くなると、少し不気味。

ウィッティア16

ウィッティア17

ウィッティア19

ウィッティア18

ソース:「Reddit

Top