【感動】ソチ五輪クロスカントリー:ロシア代表選手の板が破損、ライバルチームの手助けで見事ゴール

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アントン・ガファロフ

これぞスポーツマンシップ。オリンピックには勝敗以上に大切で感動的なものがある。

11日に行われたソチ五輪クロスカントリー男子スプリントでのこと。ロシア代表のアントン・ガファロフ選手がレース中に転倒し、スキー板が折れてしまうというアクシデントがあった。

それでもゴールしようと懸命にレースを続けるが、使い物にならなくなった板ではなかなか前に進めない。悪戦苦闘するガファロフ選手のもとへ最初に駆け付けたのは、ライバルであるカナダ代表のコーチ、ジャスティン・ウォズワースさんだった。

アントン・ガファロフ選手がレース中盤で転倒してしまう

アントン・ガファロフ1via NBCOlympics

 左のスキー板に深刻なダメージが:

アントン・ガファロフ2via NBCOlympics

それでも地元ファンの応援に応えるため、ゴールを目指して進む:

アントン・ガファロフ3via NBCOlympics

しかし曲がった板ではまともに滑ることが難しく、ガファロフ選手は再び転倒してしまった:

アントン・ガファロフ4via NBCOlympics

今度はスキー板が真っ二つに:

アントン・ガファロフ5via NBCOlympics

レース続行は不可能に思われた:

アントン・ガファロフ6via NBCOlympics

するとそこへ、カナダ代表コーチのジャスティン・ウォズワースさんが代えの板を持って助けに駆け付けた:

アントン・ガファロフ7via NBCOlympics

アントン・ガファロフ 11via SI.com

そしてコーチ自らの手で壊れた板を交換:

アントン・ガファロフ10via NBCOlympics

アントン・ガファロフ 12via SI.com

これによりガファロフ選手は見事ゴール:

アントン・ガファロフ8via NBCOlympics

フィニッシュラインでは大歓声が鳴り響いた:

アントン・ガファロフ9via NBCOlympics

レース後、助けに入ったウォズワースさんは「彼に誇らしい姿でゴールさせてあげたかった」と語った。これぞオリンピック精神。

参考記事:「businessinsider.com

Top