心の奥底にひしひしと…、1度見たら絶対に忘れられない印象的な写真15枚

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

印象的な写真

鮮明に心に焼きついて、普段忘れかけているようなことを深く考えさせてくれる…。思わず言葉を失うほどパワフルな写真を集めたコレクションです。

1.エクストリーム・ディープ・フィールド

ハッブル・エクストリーム・ディープ・フィールドcourtesy of NASA

ハッブル宇宙望遠鏡を使って撮影された「これまで人類が目にした中で地球から最も離れた宇宙」。光ってみえるのは星ではなく、すべて銀河。私たちがいる天の川銀河のような銀河から、生まれたばかりの若い銀河、132億年前に誕生した銀河まで、約5500個の銀河が写し出されている。

「エクストリーム・ディープ・フィールド」は、広い夜空のほんの小さな、わずかな領域をとらえたもの。その中だけでも、これだけ多くの銀河がある。そしてそのひとつひとつに無数の星が存在する。

この写真が、遥か彼方の宇宙人によって撮影されたもので、この内の銀河の一つが天の川銀河だと想像してみよう。天の川銀河には恒星が1000億個以上あると言われている。地球は、その内の一つの太陽の周りをクルクル回る惑星のひとつにすぎない。宇宙は広い。

2.The Longest Walk

The Longest Walk

北アイルランドで、車に仕掛けられた爆弾の解除に向かうイギリスの爆弾処理兵士。手前のビルに掲げられている「PREPARE TO MEET THY GOD(汝の神に会う用意をせよ)」というサインがなんとも…。

3.ニール・アームストロング、月面着陸後、1969年

ニール・アームストロングcourtesy of NASA

アポロ11号の船長、ニール・アームストロングが、人類で初めて月面を歩いた後に見せた表情。目には涙が浮かんでいるようにも見える。この時の船長がどんな気持ちだったのか、想像するのも難しい。

4.ナチスの大集会、1937年

Nuremberg Nazi Rally, 1937

当時のナチスがどれだけ権力を掌握していたかが痛いほどよくわかる1枚。

5.まるでゴッホの世界、「アスペラトゥス波状雲」

アスペラトゥス波状雲

「アスペラトゥス波状雲(Undulatus asperatus)」と呼ばれる雲形。アスペラトゥスは「荒れた」を意味する。

6.大親友との約束

大親友との約束via imgur

アフガニスタンで命を落とした兵士の葬儀にて。大親友だった男性は派手なドレスを着て参列した。「どちらかが先に死んだら、残された方は明るい緑のドレスを着て葬式に出る」という約束を交わしていたらしい。亡くなった兵士も、笑顔で旅立てたことだろう。

7.火星から見る夕日

火星のサンセットcourtesy of NASA

8.アル中の父親と息子

アル中の父親と息子via imgur

9.人間のベストフレンド

credit: Lisa Pembleton

告別式の間、ずっと棺桶の隣りに横たわっていたらしい。

10.アウシュヴィッツ強制収容所のガス室の壁

アウシュヴィッツ ガス室 壁via imgur

現在の博物館にあるガス室は戦後に再建しているので、この傷は実際に囚人が付けたものではないというが…。

11.The Thousand-Yard Stare(戦争を知った瞳)

「The Thousand-Yard Stare」とは、実戦を経験した兵士の虚ろで憑りつかれたような目つきを表す言葉。

12.ホームレスの少女に自分のサンダルをあげるやさしいおじさん

ホームレスの少女 靴

13.ウッドストックのオープニングセレモニー

ウッドストック

1969年にニューヨーク州で開かれた、伝説的なロック野外コンサート。入場者は40万人以上。

14.この写真のフレームに収まっていない“人類”は撮影者ただ1人だけ

月と地球courtesy of NASA

そう考えると、とても不思議な気持ちになる…。

15.o(*^▽^*)o

アシカと美女via imgur

参考:Reddit

Top