カメラマン時代のスタンリー・キューブリックが撮影した1949年のシカゴ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

スタンリー・キューブリック シカゴ

『時計じかけのオレンジ』や『2001年宇宙の旅』などの作品で有名な20世紀を代表する映画監督のスタンリー・キューブリック。13歳の頃に父親からカメラを買ってもらったことで写真に魅了され、映画の世界に足を踏み入れる前は『ルック』誌のカメラマンとして活躍していた。

以下は、当時21歳の若きキューブリックが撮影した1949年のシカゴの風景。

▼21歳のキューブリック監督スタンリー・キューブリック 1949年

1.シカゴシアター

スタンリー・キューブリック シカゴ1

2.女性モデル

スタンリー・キューブリック シカゴ2

3.

スタンリー・キューブリック シカゴ3

4.レスリングの試合を観戦する観客

スタンリー・キューブリック シカゴ4

5.リングサイド

スタンリー・キューブリック シカゴ5

6.レスリングマッチ

スタンリー・キューブリック シカゴ5.2

7.教室

スタンリー・キューブリック シカゴ6

8.とあるシカゴの家庭

スタンリー・キューブリック シカゴ7

9.肉屋

スタンリー・キューブリック シカゴ8

10.シカゴの製鉄所

スタンリー・キューブリック シカゴ9.2

11.

スタンリー・キューブリック シカゴ9

12.駅のホーム

スタンリー・キューブリック シカゴ10

13.シカゴ商品取引所

スタンリー・キューブリック シカゴ11

14.

スタンリー・キューブリック シカゴ12

15.小学校

スタンリー・キューブリック シカゴ13

16.とある家族

スタンリー・キューブリック シカゴ14

17.ボディ・ビルダーと11ヵ月の息子

スタンリー・キューブリック シカゴ15

Images by Stanley Kubrick via Library of Congress

参考記事:「Twistedsifter

Top