【画像】「シャルリー・エブド」襲撃テロ翌日のヨーロッパ各地の新聞一面

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

シャルリー・エブド事件 翌日各紙一面

フランスのパリで7日、仏風刺週刊紙「シャルリー・エブド」の本部が覆面をかぶり武装した男らに襲撃され、編集者や風刺漫画家、警官ら12人が銃殺されるという悲惨なテロ事件が起きた。イスラム過激思想を持った者の犯行とされており、これまでに予言者ムハンマドの挑発的な風刺画などを掲載してきた同紙に対する報復行為ではないかとみられている。

以下は、事件翌日のヨーロッパ各地の新聞一面。「国境なき記者団」がシャルリー・エブドの風刺画を掲載するよう促したため、それに従う新聞社もあれば、イギリスの新聞社などは風刺画の使用をなるべく避けた。

1.『インデペンデント』(イギリス)

インデペンデント紙

2.『ラ・トリビューン』(フランス経済紙)

ラ・トリビューン

「彼らはこのために死んだ #私はシャルリー」

3.『リベラシオン』(フランス)

リベラシオン

「我々はみんなシャルリー」

4.『Berliner Kurier』(ドイツ日刊紙)

Berliner Kurier

「我々の自由を殺害することはできない」

5.『Berlingske』(デンマーク)

Berlingske

6.『ベリア』(スペイン)

ベリア

7.『Berliner Zeitung』(ドイツ)

Berliner Zeitung

「自由よ永遠なれ」

8.『Politiken』(デンマーク)

Politiken

9.『De Morgen』(ベルギー)

De Morgen

10.『インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ』

インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ

11.『ガーディアン』(イギリス)

ガーディアン

12.『タイムズ』(ロンドン)

タイムズ

参考記事:「Mashable

Top