ネコたちの目に映る世界を画像でシミュレーション

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ネコの見え方

猫の目は形状から性能まで人間とはまるで違う。例えば猫は暗いところがよく見えたり、視野がちょっと広かったり。反対に遠くを見るのが苦手だったり、認識できる色が少なかったり…。

以下は、「猫と人間の見え方の違い」を分かりやすく比較した画像。アメリカのデジタルアーティスト、ニコライ・ラムさんが、眼科医や猫専門家たちの意見を参考にしながら作製したものだ。

猫の見え方1

猫の見え方2

上が人間で下が猫。画像比較のポイントは以下の通り:

  • 猫は人間よりも視野が広い。人間が180°なのに対して、猫は200°
  • 周辺視野(フォーカスした部分の周りを見る力)も猫の方が広く、人間は両側に20°で猫は30°。画像ではぼかしで表現されている

猫の見え方3

猫の見え方4

猫の見え方5

  • 人間は30m~60m先の物体を鮮明に見ることができるが、猫は約6mの距離まで近寄らなくてはならない(猫の視力は0.1~0.2ほど)。猫は遠くがあまり見えない
  • 猫は網膜の光受容体細胞が人間より遥かに少ない。このため猫は色の識別能力に乏しいが、その代わりに網膜内の桿体細胞が多く、人間よりも暗がりで目が利く

猫の見え方6

猫の見え方7

どうやら猫を絶景スポットに連れて行っても、「なんのこっちゃ?」と思われるようだ。

Thumbnail by Nick-K (Nikos Koutoulas) via Flickr

ソース:「nickolaylamm.com

Top