【画像】マイナス12℃の寒空でシャボン玉を吹くとこうなる…

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

12月某日のワシントン、厳しく冷え込んだある早朝。写真家のアンジェラ・ケリーさんは息子と共に夜明け前から外に出て、シャボン玉を飛ばしてみたらしい。すると、思わずため息が漏れるほど幻想的で美しい世界が現れた…。

冬 シャボン玉2

外の気温は約マイナス12℃。ケリーさんが使用したのは、食器用洗剤やコーンシロップ、水などを混ぜた手作りのシャボン玉液。

小さなシャボン玉を吹くとすぐに空中で凍りつき、地面に落ちるとまるでガラスのように砕け散る。反対に大きなシャボン玉は、地面に降り立ってゆっくりと凍っていったそうだ。

冬 シャボン玉1冬 シャボン玉3

日が昇り気温が上がり始めると、地面に落ちていたシャボン玉は上の方から徐々に溶けていった。

冬 シャボン玉5冬 シャボン玉4

中には凍ったまましぼみ、不思議な形になるものも。

冬 シャボン玉9

冬 シャボン玉8 冬 シャボン玉7

人間の手だけでは創りだせないような美しさがある。

冬 シャボン玉4冬 シャボン玉6

ソース:「KOMO News」、「Angela Kelly

Top