人生で絶対に1度は訪れてみたい世界の図書館9つ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

世界の図書館

こんな場所で毎日読書ができたら最高。本好きなら死ぬまでに1度は行っておきたい。歴史と知恵、文化がぎっしりと詰まった世界各地の素敵な有名図書館を9個紹介します。

1.アドモント修道院図書館(オーストリア)

アドモント修道院図書館by boumako/Flickr

アルプスの麓に位置するアドモント修道院図書館は、世界で2番目に大きな修道院図書館。オーストリアのバロック建築家Joseph Hueberにより設計され、1776年に創設された。ホールの長さが約70メートルあり、蔵書数は20万冊にのぼる。

2.ジョージ・ピーボディ図書館(メリーランド州ボルチモア、アメリカ)

ジョージ・ピーボディ図書館by Matthew Petroff/Flickr

19世紀アメリカの慈善家ジョージ・ピーボディの寄付により1878年に完成したジョージ・ピーボディ図書館。5階建てのバルコニーには30万冊の書物が収められており、天井はスカイライト窓で自然の光が館内に降りそそぐようになっている。

3.デンマーク王立図書館(コペンハーゲン、デンマーク)

デンマーク王立図書館by slam525i/Flickr

北欧諸国最大の図書館。1999年に旧館の隣に「ブラックダイアモンド」と呼ばれる黒い大理石の新館が建設された。

4.サント・ジュヌヴィエーヴ図書館(パリ、フランス)

聖ジュヌヴィエーヴ図書館Wikimedia Commons

19世紀フランスの建築家アンリ・ラブルーストが設計したパリの公共図書館。ボストン公共図書館のモデルになったとされている。

5.ホセ・バスコンセロス図書館(メキシコシティ、メキシコ)

ホセ・バスコンセロス図書館by LWYang/Flickr

2006年創設。まるで宙に浮かんでいるかのような書棚のデザインと、中央に吊るされた巨大なクジラのスケルトンがとても特徴的。同図書館は、20世紀メキシコの政治家ホセ・バスコンセロスにちなんで名付けられた。

6.新アレクサンドリア図書館(アレクサンドリア、エジプト)

新アレクサンドリア図書館by bliink/Flickr

オリジナルのアレクサンドリア図書館が建設されたのは紀元前300年ごろ。古代最大にして最高の図書館の一つとされていたが、3世紀頃に戦火や略奪で破壊され、無数の蔵書が失われた。

2002年にユネスコとエジプト政府が共同で新図書館を建設。

7.ボストン公共図書館(マサチューセッツ州ボストン、アメリカ)

ボストン公共図書館by XT Inc./Flickr

1848年に創設されたアメリカで最も古く、2番目に大きい公立図書館。収蔵品数は2300万にのぼる。「Bates Hall(ベイツ・ホール)」と呼ばれる読書部屋が有名。

8.トリニティ・カレッジ図書館(ダブリン、アイルランド)

トリニティ・カレッジ図書館by nymo59/Flickr

アイルランド最古の国立大学ダブリン大学トリニティ・カレッジにある国内最大規模の図書館。全長65メートルの巨大な旧図書館「Long Room」が有名。1720年頃に建設された時は天井がフラットだったが、後に蔵書数を増やすためドーム型にリフォームされた。

9.王立ポルトガル図書館(リオデジャネイロ、ブラジル)

王立ポルトガル図書館by Mathieu Bertrand Struck/Flickr

19世紀に創設。あまりにも美しい書庫が有名。日本では「幻想図書館」などと呼ばれることもある。書物に触れるのは禁止。

参考記事:「Business Insider

Top