【アメリカ】「マリファナ欲しいんだけど?」 保護監察官に間違いメールで男が逮捕

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

最悪の間違いメール 逮捕

世の中には信じられないようなドジを踏んでしまう人間がいるものだ。

米ジョージア州オールバニで、保護監察付きの執行猶予中でありながら大麻を入手しようとした挙句、注文メールを監察員に送りつけてしまった男が刑務所に舞い戻ることとなった。

地元メディアの報道によると、アルビン・クロスJr.容疑者は担当の監察官に「お前、マリファナ持ってないか?」という内容の電子メールを誤って送信してしまったとのこと。すぐに通報を受けた現地の麻薬特捜班が容疑者の自宅に踏み込んだところ、袋に入ったコカインが見つかり、容疑者は現行犯逮捕された。

裁判で罪状を認めたクロスJr.容疑者は、麻薬所持の罪で1年の実刑判決を言い渡された他、執行猶予中の違反行為としてさらに1年の実刑を追加される。

参考記事:「WALB 10 News

Top