香港のデザイナーがスカーレット・ヨハンソン似のロボットを自作

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

スカーレット・ヨハンソン ロボット

香港在住の男性が人気ハリウッド女優スカーレット・ヨハンソンにそっくりの“ヒューマノイド”を自作したとして、海外のネット上で話題になっている。

スカーレット・ヨハンソン ロボット1

「Mark 1」(マーク1)と名付けられたこのロボットを開発したのは、グラフィックデザイナーのリッキー・マさん(42歳)。ロイター通信によると、ロボットを自らの手で完成させるのがマさんの子供の頃からの夢だったらしく、今回のプロジェクトで50000ドル(約558万円)の費用と1年半の年月を費やしたという。

スカーレット・ヨハンソン ロボット2

スカーレット・ヨハンソン ロボット3

Mark 1の骨格は3Dプリンターで作成され、顔や皮膚はシリコン製。笑顔やウインクといった表情を作れるほか、彼女に「綺麗だね」と褒め言葉をかけると、ニヤリと微笑みながら「Thank you」と返事してくれる。

スカーレット・ヨハンソン ロボット4

ロボット開発にあたり、周囲から「馬鹿なのか?」「そもそも作り方を知ってるのか?」など否定的な意見がたくさん出たそうだ。それでもマさんは途中であきらめずに独学で試行錯誤を繰り返し、夢を実現させた。

「好期を見てとにかく挑戦し、夢を実現させようと考えた。夢が叶えば、人生に後悔はない」

参考記事:「Reuters

Top