薬物乱用のカップル、鍵のかかっていないクローゼットに2日以上閉じ込められる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ヤク中カップル クローゼット

米フロリダ州で12月30日、デイトナビーチ州立大学の用務員用クローゼットに2日間閉じ込められたカップルが地元警察により救出された。警察官が現場に到着したときはクローゼットに鍵がかかっておらず、中から開けられる状態だったという。

デイトナビーチ警察の発表によると、ジョン・アーウッド容疑者(31)とアンバー・キャンベル容疑者(25)は、現地28日に大学の建物内に不法侵入した疑い。2人は、何者かに追いかけられクローゼットに逃げ込んだと供述している。

その2日後にアーウッド容疑者は自らの携帯電話から警察に通報。警察官は携帯電話の位置情報をトラッキングし、鍵のかかっていないクローゼットからすぐに2人を救出した。

容疑者らが2日間過ごしたとされるクローゼットの中からは、人の糞便や麻薬吸引用の道具などが見つかっている。なぜ容疑者が30日まで助けを呼ばなかったのかは明らかになっていない。

現場の警察官は2人が閉じ込められた経緯を調べるため、自らクローゼットに入りドアを閉めてみたが、ドアがロックされることはなかったという。救出後、アーウッド容疑者とアンバー・キャンベル容疑者は不法侵入の罪で現行犯逮捕された。アーウッド容疑者は、これまでに強盗や大麻所持などの罪で、計5回の実刑判決を受けている。

ソース:「Orlando Sentinel

Top