反同性愛の米教会神父が男性にわいせつ行為で逮捕

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

神父 わいせつ行為1

同性愛反対を唱える米インディアナ州の聖職者が、公共の場で見知らぬ男性の股間を触るなど痴漢行為をした容疑で、地元警察に逮捕された。

報道によると、同州シーモアのカトリック教会で司祭を勤めるゲイラード・ウィリアムス容疑者(59歳)は現地12日、地元の湖の駐車場で車の中にいた27歳の男性に声をかけ、強制的なわいせつ行為に及んだ疑い。車の窓から手を突っ込んで男性の股間部分をまさぐるなどし、オーラルセックスを要求したとされる。2人に面識はないという。

神父 わいせつ行為

被害に遭った男性は「お前は勘違いしている」と告げた後、容疑者の車のナンバーを警察に通報。容疑者の車内からはポルノ関連グッズなどが発見された。

警察の取り調べに対してウィリアムス容疑者は、「肩しか触っていない」と一部容疑を否認。釣り仲間を探すために湖を徘徊していただけだと主張した。また車内のポルノに関しても、誰かに返却するために置いていたとしている。

現在容疑者は保釈されており、来年の2月に裁判所に出廷する予定。地元の住民は、「容疑が事実ならば教会から辞職するべきだ」と語った。

ソース:「WLKY News Louisville

Top