アルコール度数65%!!世界一強いビールがスコットランドで誕生

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アルコール度数65%の世界一強いビール「アルマゲドン(Armageddon)」

スコットランドのビールメーカー「Brewmeister」から、世界一強いビールが誕生しました。

アルマゲドン(Armageddon)』といういかにも強そうな名前のビール、そのアルコール度数はなんと65%です!!一般的なビールのアルコール度数は5%から7%ぐらいでしょうか。65%は、もはやビールの域ではありませんね。

世界一強いビール「アルマゲドン(Armageddon)」

醸造所の公式ウェブサイトによると、アルマゲドンの価格は330ml入りで40ポンド(約5120円)と、上等なウィスキー並み。ビールの原料には、カラメル麦芽、小麦、オートフレーク、そして100%のスコットランド天然水を使用しているとあります。発酵プロセスでビールを一度凍らせ、水分を取り除くことで、アルコール度を高めているそうです。

サイトには、「においを嗅ぐだけでも酔っぱらうだろうから注意してくれ!」と書いてありました。ぜひ一度、口にしてみたいものです。

世界一強いビール アルマゲドン

これまで「世界一強いビール」とされていたのは、イギリスの「BrewDog」 が醸造した『Sink The Bismarck(ビスマルク号を撃沈せよ)』というビールで、アルコール度数は41%。この醸造所は高いアルコール度数と奇妙なネーミングが好きらしく、2008年にも『Tactical Nuclear Penguin(戦略的核ペンギン)』という度数32%のビールを開発しています。

ソース:「brewmeister.co.uk」、「thedrinksbusiness.com

Top