世界一大きなお尻を持つ女性、ヒップサイズは254cm!「男は砂時計のような体が好き」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

世界一お尻の大きな女性

ロサンゼルスに暮らすMikel Ruffinelliさん(39歳)は、サイズ250センチ以上の超巨大なヒップを持っている。この度彼女は、世界記録認定機関「World Record Academy」から、“世界一大きなお尻を持つ女性”と認定された。

世界一大きなお尻

Mikelさんのヒップにお肉がつき始めたのは、1人目の子供を出産した直後の22歳の時。それ以来、3人の子供を出産しながら、どんどん体重が増えていった。現在彼女は身長162.5センチ、体重191キロ。ウエストサイズは約101センチで、254センチのヒップサイズに比べると細い。

世界一大きなお尻

お尻の大きさがウエスト回りの2倍以上というかなり珍しいプロポーションだが、当の本人はとても気に入っているのだという。インタビューの中で、「男性は痩せた女性に憧れない。男は砂時計のような体形が好きなの」と語った。夫のReggieさんも、そんな彼女の体や性格が好きらしく、仲睦まじい結婚生活を送っている。

しかし、まったく悩みがないわけではない。非常に目立つプロポーションのため、何処へ出かけても周りからジロジロ見られてしまうそうだ。勝手にカメラを向けられたり、指をさして笑われたりすることもしょっちゅうだとか。また、生活面でも不便なところが多々あるようで、シャワーを浴びるのに一苦労すると語っている。

今のところ健康面での問題は何もないようで、ダイエットするつもりもないそうだ。そんな彼女も、若いころは自分のヒップサイズを気にしていたが、年を重ねるにつれて自分の体を愛するようになり、今では人前に出るのも気にならなくなったという。

彼女はインタビューの最後でこう語った:

痩せててハッピーじゃないよりも、この体形で自分を愛してハッピーな方がいい

周りにどう見られようとも、「自分のことを好きになる」という気持ちを持つことは大切かもしれない。

Top