Wikipediaに広告?見かけた人はマルウェアに感染している可能性も

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
Wikipediaに広告
photo By Niccolò Caranti

最近、Wikipedia(ウィキペディア)で広告が表示されているのを目にしませんでしたか?寄付を募集するお知らせではなく、Googleアドセンスのような商業用の広告です。思い当たる人は、マルウェアに感染している可能性があります。

ウィキペディアは14日、Wikimediaブログを通して、「ウィキペディアが広告を掲載することは絶対にない」という旨を明確にし、「万が一サイト内で広告を見かけた場合、ユーザーのウェブブラウザがマルウェアに感染している恐れがある」として、注意を呼びかけました。一部のユーザーから、以下のスクリーンショットのような広告が表示されていたと報告があったようです:

マルウェアに感染しているかも?

マルウェア駆除

ウィキペディアによると、問題の原因のひとつは、「I Want This」と呼ばれるChrome拡張機能にあるようです。心当たりのある人は、Chromeブラウザのレンチアイコンから、「ツール」>「拡張機能」にアクセスして、該当する拡張機能を削除してください。

また、拡張機能を削除しても問題が解決しない場合は、「Ad-Aware」や「Malwarebytes」などのマルウェア対策ソフトでシステムをスキャンして、問題を駆除するよう薦めています。

ウィキペディアはブログ記事の最後に、「今後も広告を掲載することはない」と付け加えています。次にウィキペディアを訪れた際は、広告が表示されていないか注意してみてください。

Top