頭の良い人ほど他人を信用する? オックスフォード大研究

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

賢い人 信用

賢い人の方が、自分の周りの人間を信頼する傾向にある。反対に知力テストでスコアの低かった人は、簡単に他人を信用しないらしい。英オックスフォード大学の研究チームが発表した。

研究を指揮したオックスフォード大社会学部のNoah Carlさんはその理由について、「頭の良い人ほど他人の性格を見抜く能力に長けているため、裏切る可能性の低い人を選んで関係を築く傾向にある」としている。

「婚姻状況や学歴、収入などの要素を考慮した場合でも、知性は他人を信頼する能力と繋がりがあるということが示された。他人の性格を上手に判断できる能力は、自然淘汰により進化した人知の一部である。しかしながら、研究結果については他にも可能な解釈があり、さらなる研究が必要」

また同研究では、「他人を信用する人はより健康的で幸福度の大きい生活を送っている」という分析結果を発表した。しかしこれについては、「信頼と健康の関係、および信頼と幸福度の関係は、知性によって説明されるものではない」としている。

今回の研究は、米シカゴ大学の全国世論調査センターが収集する「総合的社会調査(GSS)」のデータを分析したもの。知力テストには、語彙テストと、参加者がどれだけ調査質問の内容を理解しているかを評価するアセスメントが実施された。

ソース:「www.ox.ac.uk

Top