50年前に比べてはるかに巨大化したニワトリたち

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ニワトリ 巨大化

左が1957年の品種、真ん中が1978年、右が「ロス308ブロイラー」と呼ばれる2005年の品種。3羽とも同じ年齢だが、近年の鶏は50年前と比べてはるかにデカい。

カナダ・アルバータ大学の研究チームが、時代の異なるブロイラー品種3羽を同じ環境で飼育して、エサの摂取量や成長速度を観察する実験を行った。その結果が上の画像。エサの種類や抗生物質の使用に影響されない、遺伝子レベルでの大きな違いが観察できたという。

品種改良がニワトリに与えた影響

1.近年の鶏は1950年代と比較して遥かに大きい: 画像をみれば一目瞭然。同じ餌を与えられたにもかかわらず、2005年のブロイラーは1957年の約4倍以上の体重に成長した。

2.近年の鶏は生産効率が大幅にアップ: 近年のブロイラーは、摂取した餌を肉に変える効率が良くなったという。研究チームは、与えた餌のグラム数とその鳥の胸肉のグラム数で割り出す「胸肉コンバージョン率」というメトリックを使用して、2005年品種の生産効率が1950年から約3倍になっていることを発見した。

3.近年の鶏は体が弱い: リサーチ結果によると、近年のブロイラーは以前より骨や心臓、免疫システムに多くの問題を抱えているという。急激な成長などが原因で、体に大きな負担がかかるようだ。

4.鶏の巨大化は鶏肉消費量の増加に大貢献: ここ数十年の間で、鶏肉は非常に経済的な食べ物になった。以下は、1909年~2009年のアメリカ人一人当たりの鶏・豚・牛肉消費量(ポンド)の推移を表したグラフ。

アメリカ 年間鶏肉消費量via USDA

2013年には、アメリカ人一人当たり年間で83ポンド(37.6キログラム)以上の鶏肉を消費しているという。

参考記事:「vox.com

Top