映画「スカーフェイス」の大豪邸が賃貸物件に!家賃は月3万ドル

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

「スカーフェイス」の大豪邸が賃貸物件に

映画『スカーフェイス』のマニアなら、その独特な外見から一目でわかるはず。主人公のトニー・モンタナが数々の修羅場を潜り抜け手にした大豪邸が、賃貸として貸しに出されています。その家賃は、なんと月3万ドル(約240万円)!

この『Little Paradise(小さな楽園)』とよばれる豪邸があるのは、別荘地として有名な南カリフォルニアのサンタバーバラ。敷地面積は10エーカー(約1万2200坪)、大きな温水プールにペルシア庭園、屋上テラスなどが付いた超豪華物件です。

スカーフェイスの大豪邸: “Say Hello to My Little Friend!”

スカーフェイスの大豪邸 表▼超巨大な敷地は1万2000坪以上スカーフェイスの大豪邸 全貌

▼何の部屋なのかはわからないが、とにかく豪華

▼巨大な玄関口の広間。大きな窓からはカリフォルニアの太陽が降り注ぐ

この物件を扱う不動産屋のサイトによると、家の造りは2階建てで、寝室が4つ、バスルームが2つ。2009年に億万長者の銀行家が、625万ドル(約5億円)で購入したそうです。

▼貴族屋敷のようなダイニングルームスカーフェイスの大豪邸 ダイニング

▼食後はブランデーグラスを片手にビリヤードスカーフェイスの大豪邸 プレイルーム

▼高級シャンパンと泡風呂が似合いそうな浴室スカーフェイスの大豪邸 浴室

スカーフェイスの大豪邸 寝室

スカーフェイスは、伝説のバイオレンス映画として世界中に根強いファンを持つ、アル・パチーノ主演の名作。キューバからボートピープルとしてアメリカに移民したトニー・モンタナが、麻薬売買の裏社会でのし上がっていき、やがて自滅してしまうというストーリーです。

スカーフェイス好きの成金野郎はとにかく急げ!

Top