ローマ法王がTwitterアカウントを開設!12日以降にツイート開始予定

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ローマ法王がツイッターを開始

猫も杓子もソーシャルネットワークを利用する今の時代。ついにローマ法王がツイッターに降臨する

法王ベネディクト16世は3日、公式のTwitterアカウントを開設した。ハンドル名は「@pontifex」。バチカンの報道官によると、法王は12日以降に“つぶやき”を開始するらしい。

▼ベネディクト16世さんはTwitterを使っていますベネディクト16世さんはTwitterを使っています

コンテンツを何も発していないにもかかわらず、フォロアー数は開設から24時間もたたないうちに15万人を超えた。法王は7つのアカウントをフォロー中だが、どれもご本人のもの。法王が違う言語用に設立したアカウントだ。

英語以外にも、伊・独・仏・スペイン・ポルトガル・ポーランド・アラビアなど、計8言語でつぶやく予定。今のところ日本語がないのが残念だ。

ツイッターのユーザー数は1億4000万人以上で、その約半数が18~34歳。バチカンにとっては、信仰の薄い若者層に直接声を届けるチャンスになる。どうしてもっとユーザー数の多いFacebookではなくTwitterなのかという点だが、バチカンのソーシャル・コミュニケーション担当者によると、Facebookは「パーソナルすぎる」からだそうだ。

実際にツイートするのはもちろん法王本人ではなく、担当チームが行う。法王がスマホからフィードを小まめにチェックしたり、他のユーザーの投稿をリツイートしたりするのは、どうしても想像できない。

Top