ニューヨーク州、ペットのタトゥーやピアスを違法に

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
米ニューヨーク州議会が18日、ペットへのタトゥーやピアスを禁止する法案を可決した。アンドリュー・クオモ州知事が署名すれば正式な法律となる。

ペット タトゥー禁止

上下両院を満場一致の採決で通過した今回のペット保護法案。「これからは伴侶動物が飼い主の自分勝手な酔狂の犠牲になることはない」と法案発案者のリンダ・ローゼンタール議員は語った。

「ペットへのタトゥーやピアスは、飼い主の偏愛的な美意識を満足させるためだけの行為に他ならず、飼い主自身も理解できない不必要な苦痛を動物に負わせる」

ローゼンタール議員が法案を提出するきっかけとなったのは、2011年に起きた「Gothic kittens(ゴシック子猫)」事件だ。当時、ゴシック子猫と名付けられたピアスだらけの猫がネットオークション「eBay」で販売され問題となった。

ゴシック子猫via dailymail.co.uk

猫の耳や背中、首根っこに多数のピアスが装着されており、出品した女性は後に動物虐待などで有罪判決を受けている。

Thumbnail by Fabi Dorighello via Flickr

参考記事:「newyork.cbslocal.com

Top