イギリスのマクドナルドがおもちゃ用3Dプリンタ導入を思案中?ハッピーセットのおまけにハズレがなくなるかも

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ハッピーミール 3Dプリント

マクドナルドでハッピーミール(ハッピーセット)を注文するとおもちゃがついてくる。子供のときなんかは「何がもらえるかな?」と食事よりもおまけを楽しみにした人も多いのはず。欲しいおもちゃが手に入るときもあれば、もちろん期待外れのときもあった。くじ引き感覚が楽しみの一つでもあるが、これからの子供たちはそんな心配をしなくてよくなるかもしれない。

テクノロジー系ニュースサイト「The Register」によると、マクドナルドの英法人が3Dプリンタを店舗に設置しようか思案しているらしい。オーダーと一緒に好きなパッピーミールおもちゃを作り、文字通りすべての子供たちにハッピーになってもらうためだ。

通常ハッピーミールのおまけは時期によって入れ替わりするため、いつも欲しいおもちゃが手に入るわけじゃない。そこで3Dプリンタの出番だ。オンデマンドでお気に入りのおもちゃを提供することで、子供たちの心をつかみ、より多くのファミリー客を引き込むのが狙いだという。

とても素敵な試みだと思うが、今のところ単なる“アイデア”で、具体的な計画はまだ何もない。英マックのIT部主任マーク・フェビス氏によれば、コスト面の他に、「プラスチックを溶かすマシンを飲食店に置くのは適切か?」といったことなど、実現に向けて考慮すべきポイントがいろいろとあるようだ。

実現すれば子供は喜ぶだろうなあ…。

Thumbnail by Petezin via Flickr

ソース:「The Register

Top