MCハマー、SOPAへの反対姿勢を表明

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

hammer face

現在米国では、著作権保護法案「Stop Online Piracy Act (SOPA)」を巡り、さまざまな議論が繰り広げられている。そんな中、90年代前後に一世を風靡した伝説のエンターテイナー、M.C.ハマーが、Twitterを通してSOPAへの反対姿勢を明らかにした。

先日、M.C.ハマーことStanley Kirk Burrellさんは、自身のTwitter(ハンドル名「@MCHammer」)のアバターを、「Stop SOPA」と記された写真に入れ替えた。
(写真にはなぜか2PacとSnoop Doggが・・・)

M.C.ハマーのTwitterアバター

M.C.ハマーのTwitterアバター

さらに、Twitterユーザー「@BOYCOTTSOPA」からの、

「テクノロジー業界とコンテンツ業界が、(SOPA法案を破棄して)もう一度ゼロから話し合い、解決策を見つけることができれば素敵じゃないですか?」
“Wouldn’t it be nice if the tech & content industries could work together from scratch to find a solution? ”

という質問に対し、ハマーはただ一言、

「Yes」

レスポンスしている。

一連の動きをみた、SOPA反対派の共和党Darrell Issa議員は、自身のTwitterでハマーの反対派参加を心から歓迎した。

M.C.ハマーがTwitterのアバターを変更してSOPA反対派(#stopSOPA)に参加」
@MCHammer joins the #stopSOPA crowd w/ a Twitter avatar switch.“

M.C.ハマーは、240万人を超えるフォロアーを抱えており、ソーシャルメディア上で多大な影響力を持つ。SOPA反対派にとって、世界的に名声のあるハマーの参加は、非常に心強い見方となるはずだ。

ちなみに、現在ハマーが「WireDoo」という独自の検索エンジンを開発中で、Googleとの競争も視野に入れている、ということはあまり知られていない。

ソース: 「Twitter – MC HAMMER

SOPA関連記事一覧: SOPA特集

Top