Facebookで妻殺しを自白、死体の写真をアップロードしたサイコ男が逮捕

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

facebook 死体

米フロリダ州で8日、殺害した妻の写真をSNSに投稿した男が、地元警察に出頭した。米Fox Newsが報じている。

報道によると、容疑者の名前はデリック・メディーナ(31)。26歳の妻を拳銃で殺害した後、死体の写真を撮影し、Facebookにシェアしたとされている。同時に容疑者は、以下の内容の自白文を投稿した。

僕は、妻を殺した罪で刑務所に入るか、もしくは死刑となるでしょう。Facebookのみなさん、どうかお大事に。僕のことをニュースで知ると思います。僕は妻に殴られていました。あんな暴力にはもう耐えられなかった。だからやったんです。理解していただければ何よりです

写真には「Rip(安らかに眠れ) ジェニファー」というキャプションが

facebook 死体2

容疑者の自宅に駆け付けた警察は、キッチンで死亡している妻ジェニファーさんを確認。遺体には拳銃で撃たれた形跡があったという。さらに現場には10歳くらいの少女がいたが、怪我はなく、そのまま警察に保護された。

現在警察は詳しい事件の経緯を調べている。

報道によると、メディーナ容疑者は海外ドラマの人気シリーズ『バーン・ノーティス』に脇役として出演した経歴があるという。また容疑者のFacebookページの自己紹介欄には、「自費出版の作家」であると記載されている。彼が手がけた本のタイトルの一つは、皮肉にも「私がコミュニケーションを通じて、ある人の人生、結婚生活、家族問題を救った方法」(How I Saved Someone’s Life and Marriage and Family Problems thru Communication)だった。

ソース:「foxnews.com

Top