妖精系の成人アニメ所持で男が逮捕 – ニュージーランド

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

妖精

ニュージーランドの男性が、妖精ものの成人向けアニメを所持していたとして、「好ましくない媒体所持(possession of objectionable material)」の罪で拘束されていることがわかった。ニュージーランドの報道機関「Stuff」が報じている。

報道によると、男性は3年ほど前に、妖精が主人公の成人向けアニメをダウンロードした疑い。アニメの妖精たちがあからさまに幼く描写されていたため、児童性的虐待にリンクするとして違法物所持とみなされた。

ニュージーランドの検閲法

ニュージーランドには「1993年フィルム、ビデオ、出版物分類法」(THE FILMS, VIDEOS AND PUBLICATIONS CLASSIFICATION ACT 1993)という検閲法があり、主に次の内容が含まれるコンテンツを違法としている:

  • 子供や動物、死体、排泄物を関与させる性的内容
  • 性的暴力や拷問、極端な暴力を助長する内容
  • 犯罪行為や暴力、子供への性的虐待を助長するもの
  • 人の品位を傷つける行為や差別を助長するもの

この法律下では、上記の媒体の所持、ダウンロード、配布も犯罪行為となる。ここで問われるのは、幼い子供の性行為を連想させるアニメも“違法物”に含まれるべきかどうかだ。

逮捕された男性はこの件に関して「馬鹿げている」とし、「理論的には棒人間の絵でも有罪にされかねない」と主張。また問題のアニメに関しては、芸術的価値や“ちょっとした笑い”のために所持したとして、「そこに性的興奮を覚えることはなかった」と語った。

ただ男性は以前、十代の少年にわいせつ行為をした罪で逮捕され、リハビリテーションプログラムを受けた過去があるという。

日本のいわゆる成人アニメやコミックは、「Hentai」というジャンルで海外でも広く出回っている。

ソース:「stuff.co.nz

Top