「魅力的すぎる」という理由で女性歯科助手が職場をクビに、裁判所は解雇を支持

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

歯科助手が魅力的すぎて職場をクビに

「君はセクシーすぎるからクビね」、そんな理由での解雇は許されるのか?とんでもない不当解雇のように聞こえるが、米アイオワ州の最高裁は21日、これを合法とする判決を出した。CNNが報じている。

「魅力的すぎて一緒に働けない」

2010年のこと。アイオワ州に住むメリッサ・ネルソンさん(32)は、助手として10年勤めていた歯科医院を突然解雇された。魅力的すぎる」というのがその理由だ。ネルソンさんはこれを女性差別だとして、当時の雇用主だった歯科医のジェームズ・ナイトさん(53)を訴えていたが、先日裁判所で「正当な解雇である」との判決が下された。ちなみに2人とも既婚者だ。

歯科医側の言い分は、「彼女が魅力的すぎるため、結婚生活への脅威になる。決して差別ではない」というもの。ネルソンさんはこの判決を受け、「納得いかない」とCNNのインタビューで語っている。

裁判の判決文によると、解雇を言い渡す少し前、歯科医のナイトさんは「服装がタイトすぎて気が散る」とネルソンさんに注意していた。一度は、「もし僕のズボンが張っているのを見た時は、君の服装の露出度が高すぎるということだからね」とまで告げたらしい。これに対してネルソンさんは、服装は特に不謹慎なものではなかったとしている。

また、ネルソンさんが夫とのセックスレスについて語った時、ナイトさんは次のようなコメントを残したそうだ:

ランボルギーニを持ってるくせに、車庫にしまいっぱなしで全く乗らないようなもんだ

ネルソンさんが解雇される半年ほど前から、2人は個人的にメールのやり取りをするようになった。ある日、同じ職場で働いていたナイトさんの奥さんがそれを発見し、ネルソンさんを解雇するよう彼に迫ったのだという。そして2010年のはじめに、ナイトさんはネルソンさんに1カ月の猶予付きの解雇通告を突きつけた。

判決文によると、解雇の後、歯科医はネルソンさんの夫に、「彼女は何も悪くない。最高に優秀な助手だったよ」と語ったそうだ。今回、裁判所の判決は歯科医の味方となったが、ネルソンさんはこれを不服とし上告した。

この解雇はあり?なし?

ソース、スクリーンショット:「edition.cnn.com

Top