イランの原子力システムにサイバー攻撃、被害に遭ったコンピュータからは大音量でロックが流れる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

イラン核施設にサイバー攻撃

何者かがイラン原子力庁(AEOI)にサイバー攻撃を仕掛け、同核施設の原子力プログラムに障害が発生したようだ。情報セキュリティ会社「エフセキュア(F-Secure)」が報じている。

エフセキュアがAEOIの科学者から受け取った電子メールによると、同施設のオートメーションネットワークが攻撃され、停止に陥った模様。さらに、マルウェアに感染したいくつかのワークステーションでは、米ロックバンドAC/DCのヒット曲「Thunderstruck(サンダーストラック)」が夜中に最大の音量で流れ出すという事態が発生したようだ。

以下は、サイバー攻撃に使用された「サンダーストラック」の動画。かなりハイテンションな歌で、ロック嫌いな人がこれを大音量で聞かされるとなると、頭痛が止まらないことだろう。

ちなみに、この曲のサビ部分には、「お前は雷に打たれたんだ(You’ve been thunderstruck)」という歌詞がある。なかなか斬新なサイバー攻撃成功宣言だ。

メディアが今回のニュースを取り上げて以来、この動画のコメント欄は異様な盛り上がりを見せている。コメントには、「イランが雷に打たれた!」「イランの科学者たちもこんないい曲を聞けて嬉しいはず」など、今回のサイバー攻撃とAC/DCを称賛するものがほとんどだ。

ソース:「F-Secureブログ

Top