衝撃のニューファッション!手首に磁石を埋め込みiPodを装着:「iDermal」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ファッションは時代と共に変わるものだが、これもデジタル世代ならではの“ファッションセンス”というべきか?「iPod nano」を“ストラップ無し”で時計のように装着したいがためだけに、自身の手首に磁石を埋め込んだ男が、ネット上で話題となっている。

一体何が男を、一見クレイジーとも言える行動に駆り立てたのか?それはもちろん「かっこいいと思ったから」、考案者のDave HurbanさんはDigital Trendsでのインタビューでそう答えた。

Hurbanさんが「iDermal」(Dermalは皮膚の意)と名付けたこのファッションは、腕に4つの切り口を入れて、そこに磁石を埋め込むというもの。傷口が癒えた後、磁石は完全にHurbanさんの体の一部となった。

磁石はそれぞれ、現在発売されている「iPod nano」の四隅に完全にフィットするよう配置されている。iPod nanoを時計表示に設定して腕に近づけるだけで、バンド要らずのデジタル腕時計が完成する。

まさに、iPod nano専用にデザインされたiDermalだが、将来nanoのデザインが一新したときは、一体どうするつもりなのだろう?

以下の動画は、実際の磁石埋め込みの様子。多少の血が流れているので、苦手な方は閲覧注意!

ソース:「Digital Trends

Top