【米国】電子書籍の売上額、ついにハードカバーを上回る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

タブレットPCやスマートフォンの爆発的な普及に伴い、米国で「紙から電子」へのシフトが、いよいよ本格化しつつある。米国出版者協会(AAP)の最新レポートによると、電子書籍の売上額が、ついにハードカバー(上製本)の売り上げを上回った。

2012年第1四半期(1月~3月)の一般電子書籍のセールスは、2億8230万ドル。昨年同時期から28.4%上昇している。それに対し、一般ハードカバーのセールスは、昨年に比べ2.7%上昇したものの、2億2960万ドルにとどまった。

また、オーディオブックの売り上げも順調に伸びており、前年同期比で32.7%の上昇をみせた。

一般書籍売上(米国)
YTD2012 YTD2011 増減率
ハードカバー 2億2960万ドル 2億2350万ドル +2.7%
ペーパーバック 2億9980万ドル 3億3500万ドル -10.5%
オーディオブック 2500万ドル 1880万ドル +32.7%
電子書籍 2億8230万ドル 2億2040万ドル +28.4%

一方、ペーパーバック(文庫本や新書版など)のセールスは2億9980万ドルで、依然としてトップ。とはいえ、前年同期比で10.5%下落しており、電子書籍がペーパーバックを追い越すのも時間の問題だと思われる。今回のレポートは、米国出版業者1,189社の売上データを合計したもので、子供向け書籍のデータは含まれていない。

米Amazon.comでは、すでに去年5月の時点で、電子書籍の販売数が紙媒体を上回っている。日本で同様のシフトが起こるのは、何年後になるだろうか?

Top