飲み会で無駄遣いした英男性、彼女に怒られるのが怖くて「カツアゲされた」と嘘 → 虚偽申告で半年刑務所へ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

嘘つき 逮捕

嘘は良くない。特に、正直に謝れば済むような簡単なことで、絶対に嘘をつくべきじゃない。他愛もない嘘のつもりでも、自分の手に負えない方向に広がってしまい、最終的には身を滅ぼすことだってある。

英ストーク=オン=トレント在住のクリストファー・キンバリーさん(24)は、恋人に怒られるのが嫌で些細な嘘をついたばかりに、周りの人間を厄介なトラブルに巻き込み、やがては自分の人生を狂わせる結末を招いてしまった。

「上司にカツアゲされた」と嘘

ある晩、職場の仲間たちと飲みに出かけていたキンバリーさん。その日はみんなに奢るなど大盤振る舞いをして、150ポンドを酒に使い込んでしまったという。

家に帰ると、恋人が「金はどうした!」と怒っている。パニックになったキンバリーさんは、咄嗟に「カツアゲされた」と嘘をついてその場を乗り切ろうとした。しかし何を思ったのか、「一緒に飲んでいた勤め先の上司に無理やりATMカードを奪われ、現金を盗まれた」という設定にしてしまったのだ。

心配した恋人と父親がすぐに警察に報告したのだが、後に引けなくなったキンバリーさんは、愚かにも警察にまで同じ嘘をつき通した。そこから事態は最悪の急展開を迎える。

嘘の報告をもとに、後日警察はキンバリーさんの上司を逮捕。上司は12時間留置所に拘束され、全く身に覚えのない尋問を受ける羽目になった。

しかし取り調べの結果、キンバリーさんが虚偽報告をしているのではという説が有力に。そこで警察が銀行の出金記録を調べたところ、キンバリーさんの報告とは食い違うことがわかり、保身のためのくだらない嘘がついに明るみとなった。

キンバリーさんは虚偽申告と司法妨害の罪で逮捕され、裁判所から6ヶ月の実刑判決を言い渡されたという。まさに嘘で身を滅ぼした完璧すぎる例だ。嘘には気を付けよう。

参考記事:「metro.co.uk

Top