衝撃のYouTube動画! モニターを庭に放り投げるFedex配達員

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

fedex配達員のとんでもない悪行

米Fedexの配達員が、PCモニターを配達先の庭に投げ込む映像がYouTubeに公開され、世界中で話題を呼んでいる。このFedex配達員の悪態を、配達先の家の防犯カメラが捕らえていたのだ。

これに対しFedexは、「すでに配達先の顧客とは和解し、問題の配達員については当社の懲戒規律に基づき対処する」と述べた。

「今回の件に関しては、我々も驚きを隠せない。配達員の行動は常軌を逸しており、決してFedexが世界に誇る上質のカスタマーサービスを反映するものではありません」

驚きを隠せないのは、この映像を目にした世界中のユーザーと、何よりもモニターを庭に投げ込まれた当の受取人だろう。

動画には、次のような説明文が投稿者から添えられている:

「残念なのは、配達時に私は家の中にいたし、玄関のドアも開けていたんだ。配達員は、ただゲートの呼び鈴を鳴らしてくれればよかったのだが・・・。モニターは壊れてしまい、返品する羽目になったよ」
”The sad part is that I was home at the time with the front door wide open. All he would have had to do was ring the bell on the gate. Now I have to return my monitor since it is broken”

Fedexの言う「懲戒規律に基づく処置」が何を意味するのか定かではないが、同社のスポークスマンは、「彼(配達員)にとって、最高の日にはならないでしょう」と述べた。そんな中途半端なコメントでは、みんな納得しないだろう。

現在、問題の動画の視聴回数は350万回を超えており、1万6000件以上のレスポンスが寄せられている。中には、同じような被害にあったというコメントも多く見られる・・・。

Top