神父様がゲイ・ポルノのスライドショーを誤って公開、「自動再生」が招いた誤爆悲劇!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
by Alex E. Proimos via flickr

カトリック教の神父が、集会中に誤ってゲイ・ポルノの画像を公開してしまった。3月末にアイルランドで起きた、PCの「自動再生」機能による悲劇。

その日マクベイ神父は、地元の父兄達を小学校に集め、子供達の初聖体拝領(First Communion)についての説明会を行っていた。初聖体拝領とは、洗礼後の子供が初めて聖体を拝領する、カトリック教徒にとって非常に重要な儀式だ。

より分かりやすく、グラフィックに説明しようと思ったのか、マクベイ神父はプレゼンテーションを行うためにUSBドライブをPCに差し込んだのだが、その瞬間に“悲劇”は起こった。スクリーンに映し出されたのは、神聖な儀式のプレゼンテーションではなく、ハードコアなゲイ・ポルノのスライドショーだったのだ。そこにいた26人の父兄と8歳の児童は、ショックで凍りついた。

どうしてこうなった…!?

集会に参加した人の証言によると、マクベイ神父はひどく取り乱し、問題のスライドショーについて何の説明もせず、逃げるようにその場を立ち去ったという。約20分後に神父は部屋に戻り、何事もなかったかのように儀式の説明を続け、その場を締めくくったらしい。当然のことながら、この出来事は大問題となった。

北アイルランドの警察が問題のUSBを調査したところ、犯罪的要素は何も見当たらなかったようだ。

この騒動を受け、アイルランド・カトリック教会は、「マクベイ神父には、“不適切”な画像がUSBに保存されているという認識はなかったようだ」と述べている。

後日マクベイ神父は、報道機関に対し次のように語った:

「何が起こったのかはわかっている。だが、どうしてこうなったのかが理解できない。その場にもいなかったくせに、皮肉を言う輩がいるようだが、今の時代、こういった話題はすぐに広まってしまうようだ」

さらに、「問題のUSBは他の人も使っていた」と少しだけ自己弁護した様子。現在、教会はさらなる事実の解明を急いでいる。

おまけ: Windows自動再生の解除

今回の騒ぎが人事とは思えないという人は、今すぐ自動再生を解除するべき。何よりも、この機能の必要性がまったく見当たらない。

Windowsで自動再生をオフにするには…

1.スタート」→「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「自動再生

2. [すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う]のチェックボックスをオフにする。

ソース:http://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-17582542

Top