平和な国ランキング2012年、トップ10とワースト10: 日本は5位

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

経済平和研究所は12日、世界各国の平和度を示すランキング「世界平和度指数(GPI)」の2012年版を発表した。このランキングは、世界158カ国を対象にしたもので、各国における犯罪率や社会の安定性、テロの危険性、軍事費など23項目を基準に決定される。

いいニュースとして、世界全体の平和度は、2009年以来3年ぶりに上昇した。最も平和度の高かった国は、2年連続でアイスランド。日本は、昨年から2つ順位を下げたものの、5位にランクインした。

最下位は、過激派組織や海賊問題を抱えるソマリア。深刻な内戦状態にあるシリアは、昨年から大幅にランクを下げ147位となっている。

以下に、平和な国ランキングのトップ10とワースト10をまとめてみた:

■平和度トップ10

  1. アイスランド
  2. ニュージーランド
  3. デンマーク
  4. カナダ
  5. 日本
  6. オーストリア
  7. アイルランド
  8. スロベニア
  9. フィンランド
  10. スイス

■平和度ワースト10

  1. ソマリア
  2. アフガニスタン
  3. スーダン
  4. イラク
  5. コンゴ民主共和国
  6. ロシア
  7. 北朝鮮
  8. 中央アフリカ共和国
  9. イスラエル
  10. パキスタン

その他の順位は:

台湾-27位、韓国-42位、アメリカ-88位、中国-89位、インド-142位。昨年に国王が来日して話題となったブータンは19位。

ソース: 「2012 Global Peace Index

Top