YouTubeが「実名オプション」を追加: ユーチューブを実名に切り替える方法


ついにGoogleがYouTubeでも「実名制」をプッシュし始めた。

先日、YouTubeである動画にコメントを残そうと思い、記入欄をクリックしたら、こんなポップアップが表示された。

YouTube 実名

「YouTubeを実名(Google+のプロフィール名)で使用しましょう」というお誘いだ。

突然のことだったので、とりあえず「自分の氏名は使用したくない」を選択すると、今度は「何で実名使いたくないの?」というポップアップが現れた:

どうやら、荒れ放題のYouTubeコメント欄に秩序をもたらすため、Google がアクションを取り始めたようだ。そういえば、6月末に開催されたGoogleの開発者向けイベント「Google I/O」で、YouTubeプロダクト主任のDror Shimshowitz氏が「コメントシステムの改善に取り組んでいる」というコメントを残している。

YouTubeのヘルプセンターによると、YouTubeの「アカウント設定」ページからいつでも表示名の切り替えが行えるとある。さっそく試してみた。

YouTubeアカウントを実名にスイッチ(Google+と連携)

  1. YouTubeにログインして、画面右上のユーザー名をクリック
  2. リストから「設定」を選択して、詳細設定をクリック(下図)

  1. 詳細設定ページで「YouTube で自分の氏名の使用を開始する」リンクをクリック
  2. ポップアップが表示されるので、「次へ」をクリック
  3. 「内容を確認」をクリックして、「再生リスト」「過去のコメント」「高評価」など、実名で表示したい情報を選択する

  1. 最後に変更を確認して、「名前を更新」をクリック

再びYouTube名に戻したいときは、同じ手順で「アカウントの詳細設定」に移動して、「チャンネル名を変更」をクリックするだけだ。

YouTube実名 チャンネル名に戻す

実名に変更する際には、必ず「お気に入りリスト」や「過去のコメント」を確認して、不適切なコンテンツを削除することをお忘れなく。これを怠ると、人に知られたくない個人的な趣味嗜好を現実世界に晒してしまうことになる。

今のところ、「匿名or実名」の選択肢があるわけだが、将来的には実名使用が必須になる可能性も高い。皆さんは、YouTubeの実名化に賛成?反対?

Top