新メールサービスOutlook.com、初日で登録者数100万人を突破!好きなメアドを取るなら今

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
お気に入りのメアドがある人は乗り遅れるな!

Outlook 登録

米マイクロソフトがHotmailの進化型として世に送り出した新メールサービス「Outlook.com」。同サービスのツイッターアカウント「@Outlook」によると、サービス開始から1日も経たないうちに、登録者数が100万人を突破したという。

お気に入りのアドレス名がある人は、とりあえず今のうちに登録しておいた方がよさそうだ。

Outlook 登録

新規登録は、Outlookにアクセスしてフォームを入力するだけ。すでにHotmailやSkyDrive、Xbox LIVEのアカウントを持っている人は、そのままOutlookにサインインして、Outlookの新規アドレスを取得できる。

アドレスを切り替えても、知り合いの連絡先やこれまでのメールについて心配する必要はなし。すべてそのまま使える上に、既存のHotmail アドレスに送られるメッセージも、これまでどおり受け取ることができる。HotmailユーザーにとってOutlook.comは、まったく別のメールアカウントではなく、サービスのアップグレードといったところだ。

ただし、次からサインインする際には、常に新しいアドレス(outlook.com)を使用する必要がある。新規アドレス登録後、試しに古いアドレス(hotmail.com)でサインインしようとしたが無理だった。

Outlookのプレビュー

新しいOutlookのデザインは、Hotmailに比べてずいぶんとシンプルになった。「クリーンでモダンなインターフェイス デザイン」がモットーらしい。

Hotmailのデザイン

Outlookのデザイン

今のところ広告も表示されておらず、使いやすそうな印象が持てる。

FacebookやTwitterなどのソーシャルサイトに接続可能。もうすぐSkype(スカイプ)にも対応するようになるらしい。

Outlookでスカイプ
Image: Outlook Blog

さらにSkyDriveも統合されており、写真やドキュメントを送信する際も、添付ファイルの上限を気にする必要がなくなる。

Outlook添付ファイル
Image: Outlook Blog

インターフェースや各機能を見る限り、とても使いやすそうだ。Gmail派の人も、とりあえずアカウント登録をしておいても損はないかも。既存のHotmailユーザーならば、今すぐOutlook.comにアップグレードするべき。

万が一Hotmailに戻りたくなった場合は、メール画面右上の「設定アイコン(歯車)」をクリックして、「Hotmailに戻る」を選択するだけだ。

Top