Facebookからきっぱり退会する方法:データ・画像の保存とアカウントの削除

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

facebookから退会する方法

昨年ユーザー数が10億人を突破し、もはやコミュニケーションの主要ツールになりつつあるFacebook。世界中の友達とつながれる大変便利なサービスですが、ハマりすぎてしまって生活に支障をきたす人たちが増えてきました。

頻繁にアクセスしすぎて仕事の能率が低下する人もいれば、人生がうまくいっていないときにリア充友達の楽しそうな投稿を目にして余計に落ち込んでしまうという人もいます。「友達がみんな使っているし今さらやめられない」と思うかもしれませんが、フェイスブックが生活にネガティブなインパクトを与えているようならやめ時です。

そこで、これまでの投稿や友達の情報を失うことなくFacebookを退会する方法を、簡単な4ステップで紹介します。

1.写真を確保する

Facebookを止めるのはいいが、思い出の写真まで失いたくない?「Pick&Zip」というサービスを使うと、アップロードした写真やタグ付けされた写真の一括ダウンロードが可能です。

使い方は簡単:

  1. Pick&Zipにアクセスして、Facebookアカウントでログイン
  2. ページ左下の[FIND MY PHOTOS & VIDEOS]をクリックすると、これまでにアップした写真・動画とタグ付けされた写真が表示される (下)

pick and zipの使い方

  1. ダウンロードしたい写真を個々に選択して、右上の[DOWNLOAD]タブから「Download my selection」をクリック。もしくは「Download all photos(すべての写真をダウンロード)」を選ぶ。
  2. 「zip」か「PDF」かを選択して、「Save」をクリック

また、Facebookの写真をごっそりとクラウド(Google Picasa)に保存したい場合は、Google Chromeの「Move Your Photos」ブラウザ拡張を使用すると便利です。


2.データを保存する

これまでの投稿やチャットの会話、友達の名前・メアド・誕生日といった情報もダウンロード可能です。まず、投稿やメッセージを保存するには:

  1. Facebookホームのメニュー右上にある歯車アイコンから、「アカウント設定」をクリック
  2. 「Facebookデータをダウンロード」をクリック

Facebookデータダウンロード

ここでダウンロードするアーカイブには以下のものが含まれます:

  • ウォールへの投稿、メッセージ、チャットの会話
  • 友達の名前と一部の友達のメールアドレス

次に友達の誕生日を保存するには

  1. Facebookホームの画面左のメニューから「イベント」をクリック
  2. イベントページの歯車アイコン(下)から、「エクスポート」をクリック。ポップアップが表示されたら、「友達の誕生日をエクスポート」リンクをクリック

誕生日の保存

これでGoogleやAppleのカレンダーに誕生日データをエクスポートできます。


3.Facebookプロフィールの削除

Facebookホームから「アカウント削除ページ」にナビゲートするのは少しややこしいので、以下のURLをブラウザに入力してください。

www.facebook.com/help/delete_account

後は「アカウントを削除」をクリックして、手順に従うだけです。


4.2週間我慢する

退会手続きから14日間以内にFacebookにログインすると、アカウントが復活してしまいます。アカウントを永久に削除するためには、この期間中我慢してください。

スマートフォンからのログインはもちろんのこと、Facebookプロフィールと連携したアプリの使用もだめです。こういったアプリからは事前にログアウトしておくか、完全に削除しておくとよいでしょう。

参考記事:「wired.co.uk/magazine/archive/2013/01/how-to/how-to-quit-facebook

Image:「by Franco Bouly via Flickr」

Top