リンキン・パークの新曲PVがすごい!あなたのFacebook写真がミュージックビデオの一部になる

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
リンキン・パークのインタラクティブな新曲PVがネット上で話題になっています。 

リンキン・パークの新曲PV「Lost In The Echo」がすごい

「Linkin Park(リンキン・パーク)」が、ニュー・シングル「Lost In The Echo」のPVを公開しました。6月に日本でリリースされたニュー・アルバム『Living Things』(リヴィング・シングス)からのナンバーです。

この新作は、リンキン・パークのファンでない人にもお勧め。曲のクオリティーというよりも、ビデオのコンセプトが革新的で素晴らしいからです。

これからのミュージックビデオは「ユーザー参加型」

「Lost In The Echo」は、普通のPVではありません。ファンのFacebook写真を映像内に自動で取り込んで、ビデオをパーソナライズしてくれる“インタラクティブなミュージックビデオ”です。

ビデオのストーリは、ある男が廃墟と化した街を訪れ、人々に写真を配るシーンから始まります。その写真は、いなくなってしまった大切な人が写った写真。それを眺めながら、登場人物がそれぞれ感情を爆発させるという、とてもエモーショナルな内容です。

Lost In The Echo

lostintheecho.com」にアクセスしてFacebookアカウントでコネクトすると、ビデオの写真が「あなたのFacebook写真」に切り替わります。あなたの写真を見つめながら、役者たちが泣いてくれるというわけです。

どの写真が使われるのか何度か確認してみたところ、「タグ付け」された写真のみがフューチャーされるようです。

今回、適当にタグ付けしてビデオを再生してみたところ、予想外の写真ばかりがピックされ、せっかくのシリアスさをぶち壊す内容になってしまいました。

リンキン・パーク- Lost In The Echo パーソナライズ

リプレイするたびに写真が切り替わるので、何度でも楽しめます。また、ビデオを見終わった後、リンクをニュースフィードに共有できるので、友達をサプライズさせてやりましょう。

PVの監督を務めたのは、ジェイソン・ザダとジェイソン・ニッケル。リンキン・パークのメンバーのマイケル・シノダは、「時代はミュージックビデオの在り方のターニングポイントに差し掛かっている」と言っています。

ちなみに、PVサイトのURL「lostintheecho.com」から「e」を一つ省いて、「lostinthecho.com」にアクセスすると、リックロールの餌食となりますので。

『Lost In The Echo』PVページ: 「lostintheecho.com

Top