【注意】Facebookの写真タグ付け通知メールがマルウェアの可能性あり

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

facebookメールがマルウェアの可能性

今度フェイスブックから「タグ付けされました」という通知メールを受け取ったときは注意してください。セキュリティ専門のソフォスラボ(SophosLabs)のブログ「NakedSecurity blog」によると、どうやらFacebookを装った「マルウェア」の可能性があるようです。

ソフォスラボは17日、マルウェア拡散を目的としたキャンペーン「spammed-out email campaign」を検出したと発表しました。

通常、Facebookで写真タグ付けされた場合、このようなメールが届きます:

・通常のFacebookからのお知らせメール

ソフォスラボは、以下のようなメールを「マルウェアの可能性がある」としています:

・問題のメール

悪意があるとされるメール

悪意のあるメールの方は、差出人のアドレスがFacebookのものではありません。よく見ると、「@faceboook.com」となっており、スペルが間違っています(「o」が1つ多い)。

万が一リンク(「写真を見る」)をクリックしてしまうと、悪質なiFrameスクリプトのページに飛ばされ、ユーザーのPCにマルウェアが侵入する仕組みになっています。そしてカモフラージュのため、その4秒以内に、以下のような一見本物のFacebookページにリダイレクトされるようです。

マルウェア

ソフォスラボは、問題が解決するまで必ずメール差出人のアドレスを確認するよう呼びかけています。

メールを受け取った際には、十分気をつけてください。

ソース: 「NakedSecurity blog

Top