Facebookニュースフィードの「赤ちゃん写真」を「ネコ写真」にすり替えてくれるChrome拡張機能

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

Chrome拡張機能 unbaby.me

友達がフェイスブックに投稿する数々の“赤ちゃんの写真”。かわいいことはかわいいが、あまりの量に少しうんざりしている・・・。 そんな人にピッタリのChrome拡張機能がついに登場した。

Unbaby.me

「Unbaby.me」は、Facebookのニュースフィードに表示される「赤ちゃんの写真」を、自動的に「好みのジャンルの写真」にすり替えるChrome拡張機能だ。デフォルトの設定だと、「ネコの写真」を挿入してくれる。

使い方はとても簡単。Chromeストアからプラグインをインストールしてフェイスブックを訪れると・・・

インストール前

インストール後

このように、赤ちゃんの写真がネコの写真に入れ替わる。

ただ、このプラグインが機能するには、投稿内に特定のキーワード(フレーズ)が含まれていなければならない。というのも、このプラグインの仕組みが、「赤ちゃんの写真」自体を認識するわけではなく、あらかじめプラグインに書き込まれているキーワードを読み取って作動するからだ。

例えば「so cute(かわいい)」「won’t stop crying(泣き止まない)」「looks like dad(父親似)」など、初期設定で約65個のキーワードが登録されている。

これらのキーワードが投稿に含まれてないと、プラグインは写真をすり替えてくれない。つまり、友達がメッセージ無しで写真のみを投稿した場合、プラグインは機能しないということだ。

キーワードの一覧は、プラグインの「設定ページ」から確認できる(ブラウザツールバーの「Unbaby.meアイコン」をクリック)。ここから自分で新しいキーワードを追加することも可能だ(キーワードをカンマで区切る)。

ちなみに、このプラグインは日本語のキーワードを読み取らない。「赤ちゃん」や「生後」などのキーワードをリストに加えて試してみたが、うまくいかなかった。

ネコ以外の写真が欲しい人は、設定ページの「Add Feed」をクリック。ポップアップにお気に入りの「RSSフィードのURL」を追加すれば、いろいろな写真が楽しめるようになる。

キーワードの設定

日本語でうまく機能しないとはいえ、コンセプト自体はなかなか面白いと思ったので、今回このプラグインを取り上げてみた。それに、このグローバルな世の中。いつ海外の友達が子供を儲け、その子の写真を共有しまくり始めるかわからない。

赤ちゃんの写真にうんざりしている人が多いのか、Unbaby.meは公開からわずか2日で4万近くの「いいね!」を獲得した。

興味のある方は→「Unbaby.me

Top