村上春樹名言まとめ1 – 『海辺のカフカ』『ノルウェイの森』(日本語、英語)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

村上春樹名言

村上春樹 Haruki Murakami(1949-)

日本の小説家、翻訳家。紀行文やノンフィクションも手掛ける。海外でも人気が高く、2006年には「フランツ・カフカ賞」をアジア圏で初めて受賞した。ノーベル文学賞の最有力候補にもみられている。

代表作は、『ノルウェイの森』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』など。


村上春樹名言


完璧な文章などといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね
There’s no such thing as perfect writing,
just like there’s no such thing as perfect despair
-『風の歌を聴け(Hear the Wind Sing)』


ノルウェイの森(Norwegian Wood):

他人と同じものを読んでいれば他人と同じ考え方しかできなくなる
If you only read the books that everyone else is reading, you can only think what everyone else is thinking
-『ノルウェイの森』

自分に同情するな、 自分に同情するのは下劣な人間のすることだ
Don’t feel sorry for yourself, only assholes do that
-『ノルウェイの森』

孤独が好きな人間なんていないさ。無理に友だちを作らないだけだよ。
そんなことしたってがっかりするだけだもの
Nobody likes being alone that much. I don’t go out of my way to make friends, that’s all.
It just leads to disappointment
-『ノルウェイの森』

死んだ人はずっと死んだままだけど、
私たちはこれからも生きていかなきゃならないんだもの
The dead will always be dead,
but we have to go on living
-『ノルウェイの森』

私たちがもともな点は、自分たちがまともじゃないってわかっていることよね
What makes us the most normal is knowing that we’re not normal
-『ノルウェイの森』

死は生の対極存在なんかではない。死は僕という存在の中に本来的にすでに含まれているのだし、その事実はどれだけ努力しても忘れ去ることができるものではないのだ
Death was not the opposite of life. It was already here, within my being, it had always been here, and no struggle would permit me to forget that
-『ノルウェイの森』

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している
Death is not the opposite of life but an innate part of life
-『ノルウェイの森』


海辺のカフカ(Kafka on the Shore):

思い出はあなたの身体を内側から温めてくれます。
でもそれと同時にあなたの身体を内側から激しく切り裂いていきます
Memories warm you up from the inside.
But they also tear you apart
-『海辺のカフカ』

あなたさえ私のことを覚えていてくれれば、
ほかのすべての人に忘れられたってかまわない
If you remember me,
then I don’t care if everyone else forgets
-『海辺のカフカ』

目を閉じても、ものごとはちっとも良くならない。目を閉じて何かが消えるわけじゃないんだ。それどころか、次に目を開けたときにはものごとはもっと悪くなっている。私たちはそういう世界に住んでいるんだよ
Closing your eyes isn’t going to change anything. Nothing’s going to disappear just because you can’t see what’s going on. In fact, things will even be worse the next time you open your eyes. That’s the kind of world we live in
-『海辺のカフカ』

想像力を欠いた狭量さ、非寛容さ。ひとり歩きするテーゼ、空疎な用語、簒奪(さんだつ)された思想、硬直したシステム。僕にとってほんとうに怖いのはそういうものだ。僕はそういうものを心から恐れ憎む
Narrow minds devoid of imagination. Intolerance, theories cut off from reality, empty terminology, usurped ideals, inflexible systems. Those are the things that really frighten me. What I absolutely fear and loathe
-『海辺のカフカ』

ある場合には運命っていうのは、絶えまなく進行方向を変える局地的な砂嵐に似ている。君はそれを避けようと足どりを変える。そうすると、嵐も君にあわせるように足どりを変える。何度でも何度でも、まるで夜明け前に死神と踊る不吉なダンスみたいに、それが繰りかえされる。なぜかといえば、その嵐はどこか遠くからやってきた無関係な“なにか”じゃないからだ。そいつはつまり、君自身のことなんだ。君の中にあるなにかなんだ。
Sometimes fate is like a small sandstorm that keeps changing directions. You change direction but the sandstorm chases you. Over and over you play this out, like some ominous dance with death just before dawn. Why? Because this storm isn’t something that blew in from far away, something that has nothing to do with you. This storm is you. Something inside of you
-『海辺のカフカ』

君はじっさいにそいつをくぐり抜けることになる。そのはげしい砂嵐を。形而上的で象徴的な砂嵐を。でも形而上的であり象徴的でありながら、同時にそいつは千の剃刀のようにするどく生身を切り裂くんだ。何人もの人たちがそこで血を流し、君自身もまた血を流すだろう
You really will have to make it through that violent, metaphysical, symbolic storm. No matter how metaphysical or symbolic it might be, make no mistake about it: it will cut through flesh like a thousand razor blades. People will bleed there, and you will bleed too
-『海辺のカフカ』

その砂嵐が終わったとき、どうやってそいつをくぐり抜けて生きのびることができたのか、君にはよく理解できないはずだ。いやほんとうにそいつが去ってしまったのかどうかも確かじゃないはずだ。でもひとつだけはっきりしていることがある。その嵐から出てきた君は、そこに足を踏みいれたときの君じゃないっていうことだ。そう、それが砂嵐というものの意味なんだ
Once the storm is over you won’t remember how you made it through, how you managed to survive. You won’t even be sure, in fact, whether the storm is really over. But one thing is certain. When you come out of the storm you won’t be the same person who walked in. That’s what this storm’s all about
-『海辺のカフカ』

幸福は一種類しかないが、不幸は人それぞれに千差万別だ
There’s only one kind of happiness, but misfortune comes in all shapes and sizes
-『海辺のカフカ』

トルストイが指摘しているようにね。
幸福とは寓話であり、不幸とは物語である
It’s like Tolstoy said.
Happiness is an allegory, unhappiness a story
-『海辺のカフカ』

僕らはみんな、いろんな大事なものをうしないつづける。大事な機会や可能性や、取りかえしのつかない感情。それが生きることのひとつの意味だ
Every one of us is losing something precious to us. Lost opportunities, lost possibilities, feelings we can never get back. That’s part of what it means to be alive
-『海辺のカフカ』

僕らの人生にはもう後戻りができないというポイントがある。それからケースとしてはずっと少ないけれど、もうこれから先には進めないというポイントがある。そういうポイントが来たら、良いことであれ悪いことであれ、僕らはただ黙ってそれを受け入れるしかない。僕らはそんなふうに生きているんだ
In everybody’s life there’s a point of no return. And in a very few cases, a point where you can’t go forward anymore. And when we reach that point, all we can do is quietly accept the fact. That’s how we survive
-『海辺のカフカ』

世の中のほとんどの人は自由なんて求めてはいないんだ。
求めていると思いこんでいるだけだ。すべては幻想だ
Perhaps most people in the world aren’t trying to be free.
They just think they are. It’s all an illusion
-『海辺のカフカ』

もしほんとうに自由を与えられたりしたら、たいていの人間は困り果ててしまうよ。覚えておくといい。人々はじっさいには不自由が好きなんだ
If they really were set free, most people would be in a real pickle. You’d better remember that. People actually prefer not being free
-『海辺のカフカ』

退屈でないものには人はすぐに飽きるし、飽きないものはだいたいにおいて退屈なものだ
People soon get tired of things that aren’t boring, but not of what is boring
-『海辺のカフカ』

夢の中から責任は始まる
In dreams begins responsiblities
-『海辺のカフカ』

Image: Wikimedia Commons by wakarimasita via Flickr

名言まとめ一覧

Top